前節で, App内にあらかじめバンドルさせておいたJSONファイルからPhotoDataを作り, リストに表示することができました. しかしバンドルしたJSONはあくまで読み込み専用で,編集したデータを保持できません. そこで今節ではバンドルではなく自由に読み書きできるストレージを使ってJSONを扱う方法を紹介します.

まず準備です.

  • SFSwiftUI03-3.swiftpm を開く (Xcode) (Playground)
    • 03-2を完了したコードと同様
      • photos配列を空っぽにしている
      • 後で読み込むためのJSONファイルが入っている
    • データがないため, プレビューも何もない状態から始まることを確認

実行結果

swiftui_3_3_1_1.png

コード1

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
import SwiftUI

struct ContentView: View {
    @State var photos:[PhotoData] = []
    
    var body: some View {
        List {
            Section {
                ForEach( $photos ) { bind_photo in
                    NavigationLink( destination:{
                        SceneryDetail( data:bind_photo )
                    },
                    label: {
                        SceneryRow( data:bind_photo.wrappedValue )
                    })
                }
                .onDelete { index_set in
                    photos.remove( atOffsets:index_set )
                }
            }
            header: {
                HStack {
                    Text( "景色写真" )
                    
                    Spacer()
                    
                    Button {
                        let new_data = PhotoData( type:"景色", imageName:"CC0_06", title:"新規", message:"追加したデータです" )
                        photos.append( new_data )
                    }
                    label: {
                        Image( systemName:"plus" )
                        .font( .title2 )
                        .foregroundColor( .accentColor )
                    }
                }
            }
        }
        .listStyle( .grouped )
        .navigationTitle( "写真集" )
    
    }
}

それではファイルの読み書きが可能なストレージへアクセスするプログラムを追加します. iOSではAppごとにファイルの保存場所が独立しています. 用途によって保存先が異なりますが, 今回はもっともスタンダードな Documentフォルダ を使います.

  • 新規のファイルを作成, LocalPath.swift に名前を変更する

ファイルの追加

swiftui_3_3_1_2.png

名前の変更

swiftui_3_3_1_3.png

  • FileManager.default.urls( for:in: ) で DocumentフォルダのURLを取得
    • .documentDirectory, .userDomainMask を指定する
    • docURLs.first!.path がDocumentsのファイルパス
  • docFile( name:ext: )関数 を作成する
    • 名前と拡張子を渡すと, Documentsフォルダのファイル名のフルパスが得られる

コード2

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
import Foundation

class LocalPath {
    static let docURLs = FileManager.default.urls( for:.documentDirectory, in:.userDomainMask )
    
    static let docFolderPath = docURLs.first!.path
    
    static func docFile( name:String, ext:String ) -> String { 
        return docFolderPath + "/" + name + "." + ext
    }
}

次に, 作成したLocalPath.docFile関数をつかってPhotoDataをストレージに保存する関数を追加します.

  • PhotoData.swiftを開く

  • PhotoData構造体に save( path: data: )関数 を作成する

    • path:は保存する場所のパス
    • data:は保存したいPhotoData配列
  • JSONEncoder().encode( data ) で, PhotoDataをJSONのData型に変換

    • Data型はファイルに書き込める
  • URL( fileURLWithPath:path ) で保存先のパスをURLに変換suru

    • user_json.write( to: options: ) で,ファイル出力を試みる
  • PhotoData構造体のプロトコルに Equatable を追加する

    • Equatableは中身が比較できることを示す
    • 後述の .onChange( of: ) を使えるようにするため追加しておく

コード3

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
import Foundation

struct PhotoData : Identifiable, Codable, Equatable {
    var id:String = UUID().uuidString
    var type:String
    var imageName:String
    var title:String
    var message:String
    
    static func parse( json:Data ) -> [PhotoData] {
        do {
            let photos = try JSONDecoder().decode( [PhotoData].self, from:json )
            return photos
        }
        catch {
            print( "JSONをPhotoData配列に変換できませんでした." )
            print( error.localizedDescription )
            return []
        }
    }
    
    static func save( path:String, data:[PhotoData] ) {
        let user_json = try! JSONEncoder().encode( data )
        let url = URL( fileURLWithPath:path )
        try! user_json.write( to:url, options:[.atomic] )
    }
} 

try!が2箇所出てきますが, 後ほどのページで改良するので今はtry!のままにしておいてください.

ストレージにJSONを書き込む準備ができました. ContentViewで使ってみましょう.

  • ContentViewでファイルの保存先を決めた変数を用意する

    • let user_json_path = LocalPath.docFile( … ) を追加
  • ListのnavigationTitleの後に .onChange( of: ) を追加

    • .onChangeは 指定した値が変化するたび処理が行われる
  • .onChangeの中で PhotoData.save( … ) を実行する

    • photosの最新の内容がファイルに書き出される

コード4

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
import SwiftUI

struct ContentView: View {
    let user_json_path = LocalPath.docFile( name:"user_photos", ext:"json" )
    @State var photos:[PhotoData] = []
    
    var body: some View {
        List {
            Section {
                ForEach( $photos ) { bind_photo in
                    NavigationLink( destination:{
                        SceneryDetail( data:bind_photo )
                    },
                    label: {
                        SceneryRow( data:bind_photo.wrappedValue )
                    })
                }
                .onDelete { index_set in
                    photos.remove( atOffsets:index_set )
                }
            }
            header: {
                HStack {
                    Text( "景色写真" )
                    
                    Spacer()
                    
                    Button {
                        let new_data = PhotoData( type:"景色", imageName:"CC0_06", title:"新規", message:"追加したデータです" )
                        photos.append( new_data )
                    }
                    label: {
                        Image( systemName:"plus" )
                        .font( .title2 )
                        .foregroundColor( .accentColor )
                    }
                }
            }
        }
        .listStyle( .grouped )
        .navigationTitle( "写真集" )
        .onChange( of:photos ) { photos in
            PhotoData.save( path:user_json_path, data:photos )
        }
    }
}

結果

swiftui_3_3_1_4.png

+ボタンから項目を追加してみてください. 見た目ではリストが追加されるだけでわかりませんが裏側で .onChangeが動作し, ストレージへの保存が行われます. ただ現段階では保存ができているかを確認する術がありません. 次節でストレージに保存したJSONファイルを読み込み, 正しく保存されているかを確認します.